レオの趣味生活

ラビット乗りのお父さんです、1日5分は趣味を!

大晦日にターンヴァージュの試走をする

あけましておめでとうございます。

今年も全力で遊びたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

 

大晦日の12月31日、朝起きたら無風だったので

新車のtern verge N8の試走をしてきました。

 

家族がまだ寝ている中、一人で出発。

家族が起きるころには戻りたいので、1時間半程度散策するつもりです。

 

私のtern verge N8は8速のギヤを装備しています。

ダホンルートより1段多いです。当然非常に快適に走ります。f:id:rabbits301:20200101222115j:plain

朝もやがかかる田園で早速vergeを撮影。f:id:rabbits301:20200101222133j:plain

 

集落にあるほこら。

f:id:rabbits301:20200101222221j:plain

 

既に閉店した村の雑貨屋。

f:id:rabbits301:20200101222252j:plain

タバココーナーのモザイクタイルとアールのデザインが綺麗です。

 

池尻橋を渡り、平荘湖に行こうか悩んで、結局権現ダム方面へ向かいます。

f:id:rabbits301:20200101222359j:plain

ダムへの坂道が結構キツイです。

f:id:rabbits301:20200101222343j:plain

けど、中学生の時や20歳代の時もキツかった記憶があるから、

歳だからってわけではないはず。

 

ダム湖畔を走り、鴨池に抜けます。

鴨池側に抜ける道路は、車でよく通る道で、ちょっとした峠道です。

f:id:rabbits301:20200101222434j:plain

1985年の地形図では点線表記の細い峠道でした。

中学生時代に行ってみたかった道ですが、

親に「怪しい道に行くな」と言われて止めた経緯がある道ですw

 

鴨池に到着し、水鳥を見ながらちょっと休憩。

f:id:rabbits301:20200101222458j:plain

f:id:rabbits301:20200101222512j:plain

走っていると暑いですが止まると寒いですね。

 

prato cafeはまだ開店前です。

f:id:rabbits301:20200101222528j:plain

ぷらっときすみのに寄ってみると、既にそば屋は営業していました。

f:id:rabbits301:20200101222543j:plain

しかも朝なので空いているようです。

一瞬年越しそばを食べようかと迷いました。

けど、一人でそば食って帰ったら絶対奥さんにシヴァかれるので、

ぐっとこらえてスルーします。

 

加古川沿いの快適な土手道を走っているといきなりオフロードに。

f:id:rabbits301:20200101222809j:plain

vergeが履いているシュワルベのコジャックはどうみても

オンロード用なので、慎重に通過しました。

 

三木鉄道のガード跡まで来ました。

f:id:rabbits301:20200101222922j:plain

石積橋台はやっぱりかっこいい。

しかし、なんでレール下の一部だけレンガ積みなんでしょうね。

鉄オタやけど知りません。

 

古い集落内を抜けます。

綺麗な水路が流れ、石橋も現役で頑張っています。

f:id:rabbits301:20200101222949j:plain

 

あの坂上がって帰るか。

f:id:rabbits301:20200101223011j:plain

東播磨道のガードを抜けると、

f:id:rabbits301:20200101223027j:plain

時代劇に出てくる道に出ます。

f:id:rabbits301:20200101223042j:plain

しかし、周囲では絶賛圃場整備中のようです。

f:id:rabbits301:20200101223108j:plain

東播磨道の整備と併せてやってるんでしょうか。

 

煉瓦サイフォンは健在でした。

f:id:rabbits301:20200101223137j:plain

f:id:rabbits301:20200101223153j:plain

市街化調整区域なので宅地化することはないでしょうが、

田んぼが綺麗に区画されてしまうのは趣味的に面白くないですね。

 

この家にはオリバーソースの看板がありましたが、

とうとう無くなってしまいました。残念。

f:id:rabbits301:20200101223214j:plain

家に着くと2時間半経過していました。

tern verge N8の感想は、今まで所有した自転車の中で

間違いなく一番乗りやすいです。

車体が軽いし、各部の操作がしやすいですね。

まあ、自転車の最も重要なパーツは、ニンゲンですがwww

 

この日の走行距離は35キロ、所要時間は休憩を入れて2時間半でした。

f:id:rabbits301:20200101223234j:plain

これでも早く走りすぎました。

お茶するぐらいの休憩を入れたいことろです( ^)o(^ )。