レオの趣味生活

ラビット乗りのお父さんです、1日5分は趣味を!

スキー用グローブのメモ

スキーを始めた若いころ、
手袋をしていても手が冷たくて仕方ないことがありました。

 

当時はサルのように滑っていて(サルはスキーしませんが)
リフト営業前から並んで、
めしも食わずリフト終了まで滑っていたし、
腕がヘボく汗もかいたので、
余計に手が冷えた?のかも知れません。

 

さらに、当時のグローブはインナー一体型で、
手がアブラ症なのか、
1シーズン使用すると強烈な都こんぶ臭が漂っていました。

 

一度職場の同期とニセコに行った時、
ゴンドラの中で連れが「ゴンドラの揺れに酔った」と言うので、
試しに手袋を嗅がせた結果、とんでもないことになったことがあります。
連れによると、「死の淵を見た」そうです。

 

このような経験があるので、
私のグローブはインナー付きが絶対条件です。
それが以外と少ないんです。
また、安いやつは保温性に欠けます。
手袋だけは妥協してはいけないと悟り、重点的に資本投下しています。

 

今使ってるのはキスマーク製ですが、
これも結構探して購入しました。
値段は確か7,000円ぐらいだったと思います。
インナーは毎回洗ってるので、
当然まったく臭いはしません。
余裕で嗅ぎながらメシが食えます。
まあ、手に汗かくほど必死で滑ることも無いですけど。

 

外部はゴアテックス装備で快適です。
奥さんも同スペックのモノを奢りました。

 



 



 

尚、私の身長は170cmですが、サイズはLLを使用しています。
ぴったりサイズはすばやく脱着できないので嫌いです。
これならすっと入りますし、ガバガバでもありません。

 

先日のちくさで、長男が「手が冷たい」と言ってましたが、
なかなか幼児サイズでインナー付き、ゴア装備の手袋ってありません。
安いのばかりです。
寒さは我慢できないので、たとえ幼児用でも高性能なヤツを出してほしいものです。