レオの趣味生活

ラビットスクーター乗りのお父さんです、1日5分は趣味を!

基礎配筋+型枠工事

床付けが終わったあと、基礎底部にスタイロフォームが敷きこまれました。
我が家はOMソーラー搭載なので、基礎断熱のためです。

 

その上に鉄筋を配筋します。
長期優良住宅仕様のため、建築基準法で規定されるよりも
配筋量は多いと思われます。

 



 



 

ただし、現場を確認できるのはいつも仕事帰りなので、
真っ暗けで配筋チェックもできません。
本当は鉄筋径、定着長さ、配筋ピッチ等みなければなりませんが、
結構密に入ってたのでOKと思います。

 

また、しっかりした現場養生フェンスが設置されていますが、
現場用ゲートに新たに南京錠がかけられました。

 



 

おかげで施主の私(一応一級建築士)も現場に入れなくなりました。
しかし安全・防犯対策がしっかりしているのは安心です。
ハウスメーカーでは当然でしょうが、
ヤマヒロの現場養生もかなり高レベルでやってくれています。
なかなか頼もしいです。