レオの趣味生活

ラビットスクーター乗りのお父さんです、1日5分は趣味を!

ラビットS601のトルコンオイルシール交換 後編

ちょっとサボってる間に2月になってしまいました。

 

緊急事態宣言なのに何かと忙しく、あっという間に時間が過ぎていきます。

 

時間を見ながらロクマルの修理の続きです。

f:id:rabbits301:20210204231542j:plain

トルコンを組付けたので、トルコンフルードを入れます。

f:id:rabbits301:20210204231647j:plain

総本山のフルードか、トヨタのオートフルードD-Ⅱか迷って、

D-Ⅱを開ける缶切りがないので総本山製に決定。

台所の缶切りでフルードを開ける根性はありません(-_-;)

 

じょうごを使ってフルードを注入し、タービンを左右にしつこく振って

エア抜きして完了。

何度もやってるので慣れてきました。

 

早速エンジン始動します。

ところが、あれ?下に敷いた新聞紙にシミが・・・

f:id:rabbits301:20210204231718j:plain

どっかからフルードが漏れています。

f:id:rabbits301:20210204231734j:plain

何度か点検すると、どうやらナットの付け根のOリングから漏れているようです。

手持ちの適当なやつを付けたのでサイズが合ってないんでしょう。

f:id:rabbits301:20210204231754j:plain

山田さんのキットに入ってたOリングを装着し、再度チェックすると、

漏れは完全に止まりました。

 

念のため、トルコン下に白い紙を敷いて2日ほど放置しますが、

漏れた形跡はありませんでした。

スバルディーラーへの用事ついでに試運転に出発します。

トルコンはすこぶる快調です。加速もいいしイオンもない。

 

ドカジャン、ドカ靴、ドカズボソ、ドカヘル+軍手仕様で、

ロクマルでディーラーに乗り付けると、

客なのか何なのか訳のわからんヤツが来た!って顔をされました。

得体のしれないボロイスクーターに乗ってるからでしょう。

まあこれも想定内。いつものことです。

 

用事を済ませ、帰ろうとすると、リヤブレーキがキイイイ~て言ってます。

なんやろ、やな感じ。シュー張替えかな?

今度はリヤブレーキ整備ですわ。

 

f:id:rabbits301:20210204233227j:plain

以下にトルコンオイルシール交換の要点を記録しておきます。

301/601スーパーフロー共通

・必要工具 ラチェット、メガネレンチ、ドライバー等の一般的工具

・特殊工具 二つ爪ギヤプーラー200mm 楽天で税込2,007円(送料別)

・掃除用具 パーツクリーナー、ウエス、洗浄用ブラシ

・交換用オイルシール一式 ラビットハウス製トルコンオイルシール 税込18,000円(送料別)

・トルコン用フルード:ラビットハウス製シェルトルクフルード1ℓ 税込1,450円(送料別)

・作業のコツ

 1、トルコンは全部ばらす

 2、事前にナットの掛かり具合を記録する

 3、組付け時は絶対焦らず、何度もやり直すつもりで1個づつ組付ける

まあ、こんな感じです。

これで20年は大丈夫でしょう、てことは、もう二度とばらさんわな( ^)o(^ )