レオの趣味生活 加古川ガレージ日誌

ラビットスクーター乗りのお父さんです。レオは昔飼ってたポメシバ犬です

ラビットS301のトルコンオイルシール交換1

愛用のラビットS301がオイル漏れしています。

f:id:rabbits301:20201202190507j:plain

量は少ないけど、ガレージの床にシミがついて、嫌な感じ。

f:id:rabbits301:20201202190527j:plain

点検すると、トルコンのフリーホイールが怪しい。

なんか垂れてる。

f:id:rabbits301:20201202190546j:plain

トルコンばらさなあかん。

 

301のトルコンオイルは22年漏れずに持ちました。

ラビット歴だけは長いですが、

素人作業でいじり壊すタイプなので、

できるだけややこしい作業はしたくないんです。

しかしこのままでは誰も直してくれません。

しゃーないです。腹を決めて修理します。

 

とか言いながら、ガレージの奥から嬉しそうに

予め確保していたパーツを取り出してきました。

f:id:rabbits301:20201202190616j:plain

ラビット総本山のラビットハウスさんで購入したオイルシールです。

f:id:rabbits301:20201205114138j:plain

www.ne.jp

これは純正品と違い、

汎用のオイルシールが取り付けられているので、

永久に困ることはありません。

 

まずは作業前にあらゆる角度から写真を撮りまくります。

f:id:rabbits301:20201202190640j:plain

トルコン取り付けナットの残り溝も記録。

ウェブによれば、これが元通りに入らない場合が多いらしい。

 

ラビットハウスさんのホームページを参考にしながら、

トルコンオイルを抜き、8㎜ボルトで回り止めをしてトルコンを外します。

f:id:rabbits301:20201202190722j:plain

本体は手で引っ張っても抜けなかったので、

アマゾンで3000円で買ったくそデカプーラーで引っこ抜ぬきました。

f:id:rabbits301:20201202190822j:plain

 

外れたトルコンの裏側です。意外と綺麗。

f:id:rabbits301:20201202190842j:plain

トルコンの周囲を掃除しました。

f:id:rabbits301:20201202190858j:plain

トルコンオイルタンクを上へ引っこ抜いた後、

フリーホイールのネジ4本を外します。

f:id:rabbits301:20201202190917j:plain

 液体ガスケットでクランクケースにくっついてましたが、

フックレンチで軽くクイッとすると外れました。

 

これからオイルシールを交換します。

続く