レオの趣味生活 加古川ガレージ日誌

折りたたみ自転車の散歩がメインです(^^♪

蒸し暑くなってきました

五十肩が痛い・・・

ねじらない限り痛みは出ないので、普通にしてる分にはいいんですが、

寝ている時に寝返りを打つと、むっちゃ痛い・・・

ロキソニンはあまり飲みたくないし、早く治るような有効な念仏を開発するぐらいしかありません。

 

一応ちゃりは乗れるので、今朝も4:50に自宅を出発。

そろそろ蒸し暑くなってきました。

 

漕艇場で朝ごはんです。サラダを先にいただきます。

もうアイスコーヒーでもいいかな。

 

昨晩は奥さんと予定外の飲み会に参加したので、職場に車を置いたまま帰りました。このまま車を取りに行きます。直行すると近すぎるので、ちょっと遠回り。

高御座山をバックに、もう田植えの季節ですね。

この後も暑いのでまったりとナメクジ走行して、職場でサクッと折りたたみ、インプに乗せて帰宅。

 

帰ってから、庭木剪定などした後、PCXのリヤブレーキフルードを交換します。先日は時間がなくフロントしかできませんでした。

ワンマンブリーダーを取り出します。これなかなか使いやすい。

 

ブリーダープラグのゴムキャップを外し、プラグに8mmのメガネレンチを仕込んでから、ワンマンブリーダーのホースをセットします。ホースはエアが入らないよう一旦上側へ通します。

フルード排出のためにプラグを緩める際、ネジ部の隙間からエアが入るそうなので、予め根元にシリコングリースを塗り込んでおきます。

 

マスターシリンダのフルードの状況。量が減ってるし茶色に変色しています。

 

マスターシリンダーの周囲を養生し、キャップとダイヤフラムを外して、習字用スポイトで古いフルードを吸い出します。この時、ブレーキレバーは絶対触ってはいけません。

外したキャップ類は水で洗浄して乾かしておきます。

 

古いフルードを吸ったら、新しいフルードを満タンまで入れます。写真にありませんがペットボトルを切ったじょうごで注入しました。

 

この後、キャリパーのブリーダープラグを少しだけ緩めます。

 

マスターシリンダーのオイルが無くならないよう注意しながら、ブレーキレバーをニギニギすると、キャリパーからオイルが出てきます。

 

マスターシリンダーのフルードが半分程度減るごとに継ぎ足して交換していきます。

4度ほど継ぎ足したら新フルードが排出されるようになりました。

交換が終わったらキャリパーのプラグを軽く締めて終了。作業後はキャリパーをブレーキクリーナー等で綺麗に洗っておきます。

 

交換後の点検窓。フルードが透明になり気持ちいいです。

 

この後、入念に試運転してブレーキの利きを確認しました。

 

後片付けです。使った用品は洗浄して干しておきます。

ブレーキ系整備用具をまとめて箱に入れて完了。k

 

今回の作業はこちらのHPを参考に実施しました。

news.webike.net

ブレーキフルード交換は比較的簡単な作業ですが、失敗すると事故に直結するので慎重にやる必要があります。しかし自分でやると愛着が湧きますね。

折りたたみ自転車はどれぐらい持つのか

★このブログはプロモーションを含みます

 

余りにも左肩が痛いので、整形外科に行ったら、五十肩と診断されましたwww

既にジジイの域・・・治るまで数か月かかるらしい。

運動しているか?と聞かれたので、「週末にチャリに乗ってます('◇')ゞ」

と張り切って言ったら、「では問診票にロードバイクと書いてください」と言われました。あの、大変すいませんが、折りたたみ自転車なんですが、私は折り専っす・・・

 

というわけで自転車運動は五十肩予防に関係ないようです(;^_^A

 

ところで、ちゃりってどれぐらい持つんですかね?

自動車なら10年10万キロが定説でした。

うちの長女(高校生)のBS製通学チャリは、毎日往復6km×6日×4週×12か月×3年として、5184km。今のところ汚れてるぐらいでズタボロではありません。ということは、6000km程度は何ともないちゅうことですな。

 

では、私が愛用する「折りたたみ自転車」はどうなのか。

折りたたみは構造が複雑で可動部分が多いなど、劣化の要素も多いですが、

私の所有する車両のうち、最も良く走ってるtern verge N8は、全くなんともありません。

間もなく走行距離は1万キロ、タイヤ等の消耗品を交換しただけで、ヒンジのガタ付なども皆無です。

この感じでは、2万キロは余裕でないかと思います。まあ、走行距離はあまり関係ないでしょうね。

 

結論として、いい折りたたみを屋内保管すれば、10年くらいは余裕で使えます。

ただし以下の条件があります。

・価格は5万円以上(大事にする)

・屋内保管(雨濡れが最も痛む、軽く小さいので保管しやすい)

・チェーン注油とタイヤの空気圧管理(軽快な走行に必須、モチベーション維持のため)

この3つさえ続ければ、非常に長持ちすると思われます。

tern link  A7などを買えば、1月あたり500円で軽快な走行が10年間楽しめますよ。

 

 

乗り手のオッサンは五十肩でガタが来てますが・・・

奈良県五條市の銭湯と街並み

やっと出勤のない週末。まあ、朝一で上司からラインはあったんですが、月曜日に対応しま~すww

で、4:50に自宅を出発。

いつもの漕艇場は何か作業をしていたので、近くの公園をお借りしてコーヒーをいただきました。

 

 

子どもらは部活や少年活動に出かけたので、夫婦で出かけます。ハイエースにN8とP10をヒョイと乗せて、着いたのは、奈良県五條市

五條には約2時間で到着。遠いようで意外と近い。けど、大阪市街を通過するのが心理的にしんどいんで、あまり来ない方面です。実際にはほぼ渋滞はないんですけどね。

 

五條はおととしに一度来ています。

www.rabbits301.com

あの時は昼食を食べただけでした。今日は自転車で散策しましょう。

うーん。渋い通り。

 

創業100年以上のうどんや山直さんで昼食。

 

価格帯が、安い・・・・

私は肉うどんをいただきました。

アツアツの肉うどん、ごちそうさまでした。

 

五條と言えば、国鉄五新線跡が有名です。いわゆる未成線で、今も随所に痕跡が残っています。

負の遺産と言われながらも、今ではすっかり有名観光地になってますね(^^♪

この先、吉野川を越えて新宮に至る計画でした。

さて、街道をすすみます。

家々の隙間の細い路地にも味があります。向こうは吉野川の河川敷。

 

国道に出て、再び五新線の跡。ここは以前架道橋もあったようです。

 

レンガ製の蔵。

 

五条駅方面に向かうと、煙突が見えてきました。あれは銭湯だと思います。

スマホで確認するとやはり銭湯でした。家の隙間から銭湯見えるかな?

サンバートラックは定番として、奥に見える丸いのは一体何?

 

な、なんですかコレは?

なんだかわかりませんが、モルタル製のドームみたいなものが見える。まさか銭湯の浴場部分??

がけ地の擁壁っぽい気もするが、上部にペントハウスみたいな突出部があります。めちゃくちゃ気になる・・・

一応路地からアクセスを試みるも、近寄るルートがありませんでした。全容を見てみたい・・・・

 

気になりますが仕方ありません。引き続き市内を散策します。

旧型客車が似合うJR五条駅

駅前旅館が健在です。

 

酒蔵もあります。あいにく土日は休み。おいしい酒が売ってるようですよ。

 

これは戦前のメインの通り。

廃業した時計屋さん。欄間のすりガラスの文字は左書きです。

吉野川に向かって下っていきます。

 

 

この薬局の左官文字も左書き。

 

実に凝った意匠のタバコ屋。こちらも既に閉店ガラガラ。

 

おっと、サテンがあるぞ。看板出てるってことはやってるのか?

 

エントランス付近のアップ。すげー・・・

室内にぼんやり照明が灯ってる。どうやら営業中の模様。渋すぎる。

ぜひ入店してみたかったんですが、どう見ても相当な玄人向けの店です。奥さんは絶対無理なので、残念ながらスルー。次回来た時に存続していたら入ってみよう。

 

五條、なかなか濃い町でした(*'ω'*)

同じ道を帰るのはイヤなので、ここから下道経由で和歌山に向かいます。

これは橋本駅付近で見かけたレンガ倉庫。

いい加減な写真で申し訳ない。道路拡幅で南西の角を無理やり切り取ったようです。なかなか強気な減築手法。

 

前を走ってるバイクの兄ちゃん、私と同じtimbuk2のクラッシックメッセンジャーXSサイズをもってはる。

私も愛用してます。チャリ旅でずっと使ってるので、そろそろ同じのを買いなおしたいんだけど、輸入を止めたようでもう手に入らない。アマゾンではバカ高くなってるし、大阪のどっかで売ってるんかな?できれば教えてもらいたかった。

 

道中のGSではレギュラー152円!えらい安い。今朝の加古川は162円でしたよ。

五條のうどん屋さんと言い、この近辺は物価が異常に安いようです。

 

1時間ほどまったり下道を流して、和歌山市街に到着。

おしゃれなカフェ「とびだす焙煎所」さんでコーヒーをいただきます。

tobidasu-cafe.com

 

!!

ややや!!tern verge N8が2台も止まってる!

こりはレアですわ。シャンパン色ええなあ。私のN8もあと1万キロ乗ったらこの色に買い替えようと思ってます。しかし私が言うのもナンですが、ペアでtern に乗るなんて、相当「つう」な方ですね。それとも和歌山って、そんなにternが流通してる地域なのか?

この後店内でお茶を飲んでいたら、カップルの方が乗って帰りはりました(^^♪

 

あとは適当にドライブです。せっかくなので、加太の街に寄り、和歌山側から淡路島を眺めましょう。

途中の飲み屋街が気になる・・・

 

加太の海岸に出ました。

 

海原が気持ちいいです。暑すぎなくて良い。

向こうに見えるは淡路島。由良付近です。4月にチャリでアワイチ、5月にはバイクで走った区間です。

ズームするとうっすら建物が見えています。近いんですねえ。

これは淡路の北東岸。志筑のあたりと思います。

海沿いをゆっくり眺めた後は、道の駅みさきで野菜としらすを買い、湾岸線経由で帰りました。安くて良い野菜がたくさん売ってました。

ちなみにハイエースのタイヤを新品交換して初の長距離でしたが、純正タイヤよりも静かになりグリップ感も良くなりましたよ。

www.rabbits301.com

 

家に帰ってから、五條の銭湯を調べます。グーグルの航空写真より。

す、すんげえ・・・こんな建物、戦時中の防空壕や飛行機格納庫以外、見たことない。一体どういう構造なのか?

鉄骨にモルタル塗りでしょうか。ボールト屋根を鉄板葺きしないとは、存在感ありすぎ。

 

ネットによると2022年夏に閉店されたようです。前回来た時は22年2月、あの時ならまだ営業中だった。ぜひ入ってみたかったなあ・・・

五條は再訪しないといけませんね。喫茶アスモやこの銭湯跡が残っているうちに・・・

ハト標識を探す旅

今日も午前中休日出勤だったので、午後から出陣です。

テーマは「ハト標識」。

ハト標識って一体なんやねん?と思われるでしょうが、行ってみるとわかります。P10で出発。

 

別府鉄道別府川橋梁跡。現在は遊歩道です。

 

そのそばには我が家のトイプーがお世話になっているドッグサロン。

私のサンパツ代よりお犬様の方が高いんです・・・

 

国鉄高砂線の山陽電車ガードをくぐります。

レンガ擁壁が渋い。

 

着きました。

ハト標識ww  ハト、鳩、はと、ピジョン・・・・

全国的に結構珍しいものらしい。くだらないですが、こんなネタ私は大好きです(^^♪

 

振り返ると、高砂線から南へ分岐していた未成線跡をぶっ壊して開発団地が絶賛造成中!未成線のカーブした路盤は過去帳に消えました。

 

だけどその先の踏切跡には、高砂線の踏切柵が40年経っても残されています。

 

古い集落を抜け、山電のレンガガードをくぐります。高さは1.8m。気を抜くと頭をこすります。頭丁部スポットハゲに注意。

 

浜の宮公園の松林に着きました。

 

ここは戦時中に陸軍の兵舎があり、1500人が生活していたそうです。ここから西へ行くと、尾上飛行場跡があります。

 

門柱らしきものが倒れています。

 

兵舎の洗面台跡のようです。水槽部に水抜き穴があります。

 

中央には階段。高架水槽があったのでしょうか。

 

その他、無筋コンクリートの兵舎の基礎が残されています。

 

怪しいヒューム管が地中から露出しています。

市街地の中にこれだけの戦跡が残されているのは珍しいと思います。

今は平和な松林の中に静かにたたずんでいました。

 

東へ進み、別府鉄道土山線跡を北上すると、別府鉄の貨車があります。後ろは川重。たんぼは田植えの準備中。


播磨町に入り、郷土資料館で休憩。別府鉄道の機関車と客車が綺麗な状態で保存されています。別府鉄道はデッキ付きのハフ7が有名ですが、私はこちらのノペッとした妻面も大好きです。ちなみに私は昭和57年、小学4年生の時にこの車両に乗車しました。

 

車両達を眺めながら東屋でお茶タイム。今日はファミマの生スコーンがおやつ(*'ω'*)

 

実はもう1か所ハト標識があります。国道2号の狭いガードをぶっちぎります。

 

グーグルマップを見ながら走っていると、喜瀬川沿いのとんでもない道になりました。未舗装、草木ボーボーの川すっれすれのヤバい箇所もあり、なかなか刺激的。誰も来ないと思ってたのに、小学生二人の自転車とすれ違いました。今の時代にこんな道を爆走する小学生がいるとは、ちょっと感動。もっとがんばってほしい。

 

さて、稲美町に入り、もう一つのハト標識です。

 

確かにハトやなあ(笑)

 

昼から2時間ほどのポタリングでしたが、テーマがあるので意外と楽しめました。

帰りは稲美町の森林地帯を通過して帰宅。

25キロ以上走ってるはずだけど、ちゃりが高性能すぎてほとんど疲れてない。

運動になってるかは不明です。

朝チャリしてPCXの整備をする

★このブログはプロモーションを含みます

 

土曜日朝5時、今朝も元気に河川敷へ向かいます(^^♪

なんですが、ここんとこ休日出勤の嵐&超繁忙期で疲れてます。

この後は仕事、そして明日日曜日も出勤・・・・

半月間休みなしの連続出勤は疲れる。仕事は当然必要やけど、休み返上してまで働きたくない。

 

しょうもないこと考えるのは人生のムダなので、楽しくちゃりを走らせましょう。

コンビニで朝食を購入。

漕艇場でモーニング。天気予報では晴れだったのに、曇ってます。

いつものモーニングでまったりとします。

家に買って昼過ぎまで仕事し、帰宅後昼寝してガレージで作業です。

最速通勤・超絶コスパマシンのPCX160のオイル交換をします。

純正のホンダE1オイルに交換。

 

次にブレーキパッドのチェックをします。

ディスクブレーキを触るのは初めてです。キャリパーはボルト回しだけで簡単に外れました。


フルード量が減っているので、新品パッドを用意しましたが、

まだまだ行けそうなので戻します。

 

ただ、ブレーキフルードは茶色に劣化しているので、交換に挑戦します。

アマゾンでいわゆるワンマンブリーダーを購入し、とりあえずフロントに装着。

 

 

 

マスターシリンダーを開けて、キャリパーのニップルを開け閉めし、

フルードを足しながらブレーキレバーをニギニギして交換完了。

作業に没頭していたの写真はありません。

交換後、低速でしつこく近場で試運転。エア噛みが怖かったけど、

大丈夫なようです。明らかにレバーのタッチがしっかりしました。

 

明日は仕事から帰ってからリヤを作業します。

 

 

加古川市内最大の未成線跡、弾丸列車用地

今朝は3時に目が覚め、4時に起床し、4:50に自宅を出発しました。

 

今日のポタリングのテーマは弾丸列車です。というのも、先日職場で会議中、同僚が「加古川バイパスは弾丸列車用地跡・・・」と発言していました。なぜ彼はそんなマニアックなことを知っている?

そうです、加古川バイパスは戦時中に計画されていた高速鉄道用地を転用して作られました。

ja.wikipedia.org

この件については、神戸市妙法寺付近の橋梁跡について過去にレポートしています。

www.rabbits301.com

また、加古川市の古い字限図で「弾丸列車用地」の文字を見たこともあります。

 

ちなみに他の会議メンバーは何のことかわからずキョトンとしていました。私は趣味でそんなネタばかり調べていますが、今後彼に詳しく効いてみよう。

 

そんなわけで早朝の弾丸列車用地に沿って走ります。

当時の計画が実現していれば、土盛りの高速鉄道になっていたんでしょうね。

 

加古川市溝ノ口付近では、陸軍の弾薬庫線跡と交差します。

ロッコと書いてますが、播鉄加古川線から分岐するれっきとした標準軌間(1067mm)の軌道でした。

 

弾丸列車跡から分かれ、寺家町を進みます。昭和レトロ喫茶のオアシスはまだ開いてません。朝5:15なんで(;^_^A

 

次はスパゲッティを食わないと・・・

 

国道2号で加古川を渡ります。令和6年5月26日の加古川の日の出。

 

再びバイパス側道へ。ハサミコーヒー前も鉄道用地でした。正面には高御位山。鉄道用地らしく、この先はゆったり左カーブしています。

 

さて、今日は8時前から休日出勤のため、そろそろ戻ります。

集落内の元モータースにはミニカF4の看板が残ります。

ミニカF4(1972年1月~1976年1月)| トヨタ自動車のクルマ情報 ...

昭和55年ごろまで実家向かいのおばちゃんが乗ってたな。

 

路面に這い出すミミズを避けて、大堰に到着。

今朝もコーヒーをいただきました。

 

まったりしてたら急に寒くなってきた。このあと仕事だし、そそくさと帰ります。

けどちょっと寄り道。古い集落の路地に突入すると、立派な石棺を発見。

1300年代に竜山石で作られたものらしいです。その当時のこの界隈は、見渡す限り草原で向こうに加古川が流れ、一部に村があったんでしょうね。加古川沿いの集落内っていろんなモノがありますな。大河の恵みで結構栄えたんですかね。

 

そんな感じで7時に自宅に帰着。なんだか体が冷えたようで、くしゃみがとまらないまま出勤し、昼過ぎまで仕事しました。明日、熱がでそうでヤバいなあ・・・

加古川市見土呂方面へ

この先、毎週末の土日いずれかが出勤です。

悔しいので金曜の午後に無理やり代休取って、pcxでアワイチへ。

バイクなら、岩屋を14:30に出発しても暮れるまでにアワイチできます。

 

案の定バイクは激ラク!座って手首をクイっとするだけであっというまに時速100km出ます。

全然疲れないし坂も風もカンケ―なし!

しかし、ヘルメットのせいか、肩が凝るなあ。

 

洲本でお茶します。以前も来たキオスクさん。

awaji-journal.com

前は半屋外だったイートインが、屋内に改修されていました。

天井の低い穴ぐらのような小スペースにイートインがあります。

これは・・・相当に建築好きの設計事務所の設計ですね。

アイスコーヒーとドーナツでお茶をシヴァきます。

置いてる冊子も私好み。20240525090435

小屋こそ建築の原点ですよね。我が家の小屋も、余裕があるならお茶スペースを設けたい・・・

 

お茶後、由良を通過し、先月チャリでヒーハー言った峠道へ。

バイクなんでなんともありません、楽勝で通過。途中に野生のシカ2頭と遭遇。

沼島付近の海沿いストレートも一気に通過。

福良から西岸へ移り、海岸を爆走して岩屋には18:00に到着。

バイクなら3時間で十分アワイチできますね。けど、本当の旅感があるのは、やっぱり自転車かなあ。体一つでやってるので、自分しか頼れないわけですよ。そうなるとその地に融合するしかなくなる。チャリはその土地にどっぷりハマる感がハンパないです。

 

そして今朝。チャリで散歩中に野犬に噛まれる夢を見て目が覚めました(;^_^A

5時に自宅を出発。

 

今日もお茶します。

 

帰りにちょっと遠回り。この中央にちらっと見えてるクルマ、おそらく昭和47年ごろのサニーGXじゃないかと

私の父親も、昭和47年ごろにこれに乗っていたらしい・・・私は全く記憶なし。

 

見土呂の果樹園ものどかでいいです。

 

実用に徹する構内作業車が気になります。

 

みとろの丘に立ち寄り。当然まだ開店してません。近年改修され、非常に綺麗になりました。植物園も整理されておしゃれになった。

 

この受付小屋もええですねえ。

 

あとは加古川町内の名所をブラブラ。

 

自転車屋ソトノマさん裏の銭湯跡。

 

知らないとモグリ市民になる喫茶山河。

そんなわけで、今朝もしこたまウロウロしてきました(^^♪