レオの趣味生活

ラビット乗りのお父さんです、1日5分は趣味を!

ラビットS601の整備 燃料タンク錆取り

ロクマルの燃料タンクの掃除の続きです。

f:id:rabbits301:20190715070043j:plain

底に溜まったコテコテのタール?がなかなか取れず、

熱湯マジックリンを入れて何度も漬け込んでいました。

ちなみにタールらしきものはタンク底だけの付着しているようなので、

熱湯マジックリンの量は底がつかるだけの少量でOKです。

 

5回ほどその工程を繰り返し、ナットを入れて振り回して洗浄すると、

やっと底の生の鉄板が見えてきました。

最後のマジックリンを排出し、

溜まった汚泥を乾かしたのがこれです。

f:id:rabbits301:20190715070102j:plain

非常にサラサラになる泥の塊なので、

おそらくタールの油が抜けたやつかと思います。

 

脱脂が終わったので錆取り工程です。

これは定番のサンポールで行いました。

f:id:rabbits301:20190715070117j:plain

ロクマルには1リットル瓶×2本使用し、水で薄めてタンクいっぱいにしました。

f:id:rabbits301:20190715070151j:plain

1日ほど放置して排出します。

すぐに水で洗浄し、再びマジックリンを入れて酸性を中和。

更にストレートの錆止め剤を水で希釈してタンク内にいきわたらせました。

 

store.shopping.yahoo.co.jp

f:id:rabbits301:20190715070304j:plain

これで完成です。やっと青い鉄面が出てきました。

 

では、感動の工程写真を。

まずは着工前。側面錆でザラザラ、底はコテコテ。

f:id:rabbits301:20190715070555j:plain

 

脱脂中。

底のコテコテが非常に手ごわい。

f:id:rabbits301:20190715070621j:plain

 

脱脂と錆取り作業完了。鉄板ツルツル。コテコテも消え失せました。

f:id:rabbits301:20190715070643j:plain

 

次の工程はタンクシーラーです。

もう二度と錆びさせないようにします。