レオの趣味生活

ラビット乗りのお父さんです、1日5分は趣味を!

ポンポン山登山へ

奥さんの仕事の仲間の人から、「ポンポン山にいかへんか?」と

誘われました。

ポンポン山って、聞いたことあるけどどこかいな?

調べると、高槻市にある標高679mの山のようです。

東海自然歩道のルート上にあるようですね。

詳しいルート紹介等は以下をご参照下さい。

eonet.jp

コースの難易度はその人曰く、「ハイキングや」とのこと。

天気もいいようなので、家族全員連れて行ってもらうことにします。

 

当日はJR高槻駅に9時40分に集合。

地元駅までの激安チケットで切符を買い、JRに乗り込みます。

土曜の朝ですが電車が結構混んでいます。

明石で新快速に乗り換え、高槻まで直行。

ここから高槻市営バスに乗り、登山口を目指します。

f:id:rabbits301:20180610095240j:plain

 

神峰山口のバス停で下車し、準備運動します。

背後を聞き覚えのある音のクルマが通過・・・

f:id:rabbits301:20180610095255j:plain

10時30分に出発し、ここから普通の道路を歩いていきます。

f:id:rabbits301:20180610095312j:plain

f:id:rabbits301:20180610095352j:plain

f:id:rabbits301:20180610095428j:plain

 

今回より登山用ストックを装備しました。

アマゾンで買いましたが、安いです。

昔は高かったのに、ええ時代ですな。

使い勝手は軽くてなかなかええですわ。

ケースもついて2本セットなので、

夫婦で1本ずつ使いました。 

 

新名神のトンネル上を通過し、しばらく歩くと、

神峰山寺に到着。

f:id:rabbits301:20180610095335j:plain

新緑がきれいで清々しいです。

f:id:rabbits301:20180610095601j:plain

更に舗装された道路を歩きます。

勾配はあるもののめっちゃ急でもありません。

 

本山寺に到着。ここまでクルマで来れるようです。

 

ここからは山道ですが、非常に道が整備されています。

f:id:rabbits301:20180610095546j:plain

周囲の下草もきれいに刈られており、手入れがとても行き届いています。

 

ルートはすべて階段か普通の登山道で、岩場や鎖場もありませんでした。

マルチーズ犬でも行けます。

頂上には13時30分に到着。

f:id:rabbits301:20180610095632j:plain

長男ペースに合わせたのでこの時間ですが、

大人ならこれより30分は早いと思います。

頂上はそれなりに広さがあり、多くの方が昼食をとっています。

木陰に簡易的なベンチがあって、座ることができます。

東方面の展望がよくキモチイイ山頂です。

 

 

頂上でバーナーを取り出しラーメンタイム。

f:id:rabbits301:20180610095652j:plain

f:id:rabbits301:20180610095753j:plain

しかしスープ系の麺は水が大量にいりますな。

飲み水と合わせて、一人当たり1.5リットルは必要です。

お父さんが持つことになるのでツライ。

 

14時過ぎに下山開始。

同じルートを降りず、東の京都側へ下ります。

こちらもそんなに激しいルートはなく、全然歩きやすい。

途中、長男がカナヘビを捕まえました。

観察後に自然に返します。

 

舗装路に出てから、つづら折れの道路を降りきったら終点の

善峰寺に到着しました。

f:id:rabbits301:20180610095824j:plain

時刻は15時半です。距離は約10キロ歩きました。

激しい登山はなかったけど、なかなかの疲労感です。

ちょうどバスが来るようです。

ここからバスで向日町に出ます。

f:id:rabbits301:20180610095845j:plain

同行の人たちは、「今から温泉にいってから一杯やる」とのこと。

我々も誘っていただきましたが、

家に帰るのが相当遅くなりそうなので、

お先に帰ることにしました。

 

バスでJR向日町に出ます。

駅前に不審者発見、カラッキーか?

f:id:rabbits301:20180610095903j:plain

f:id:rabbits301:20180610095953j:plain

とんがらし好きには相当魅力的やな。

 

そしてJRに乗り込み、奥さんは車内でチューハイを飲んで爆睡して

帰宅しました。

f:id:rabbits301:20180610100039j:plain

天気も良く、ルートも歩きやすくて快適な登山でした。

 

この後、疲れているから夜眠れるだろうと思ってたのに、

なぜか夜中に目が覚めて、2時間ほどしか眠れず翌日

メチャクチャしんどかったです。

疲れすぎたんかなー?歳かもしれんなあ。

 

この日のルートです。

f:id:rabbits301:20180610100057j:plain