レオの趣味生活

ラビット乗りのお父さんです、1日5分は趣味を!

NEX-6にウルトラワイドコンバーターを導入

日常スナップには広角レンズを愛用しています。

銀塩時代に使っていたαー9000には、

ミノルタ純正の24mmを装着していました。

f:id:rabbits301:20170903161454j:plain

この組み合わせは非常に使いやすく、軽量で小さくて

よく持ち歩きました。

 

現在使用中のNEX-6には、キットレンズのPZ16-50mmを使用しています。

35mm換算で24mmに相当します。

軽量コンパクトなので非常に気に入ってます。

 

私のレベルではこれで十分満足していますが、

まれに24mmでももう少し引きが欲しい場合があるなあと思いながら

ウェブを見ていると、ソニー純正で広角のコンバーターがあることを知りました。

ウルトラワイドコンバーターVCU-ECL2です。

 

 これは、純正単レンズに装着して使用するものです。 

ソニー SONY 単焦点レンズ E 16mm F2.8 ソニー Eマウント用 APS-C専用 SEL16F28
 

結果、16mm×0.75倍になり、

35mm換算で実質18mm相当になります。

しかし値段を見るとえらく安い・・・

18mmって超広角特殊レンズで、

むっちゃ高かった印象しかありません。

高校生当時は「どんなもんやろ」と指をくわえて見ていただけでした。

昔からすると驚くほど値段が安いです。

しかも割と性能いいみたい・・・

 

もう買う気になってしまい、いろいろ探し、

コンバーターはヨドバシカメラの通販で、

13,370円(ただし1,337円のポイント還元あり)、

16mmF2.8はアマゾンで「非常に良い中古品13,400円」を購入。

実質合計約25,000円で導入しました。

f:id:rabbits301:20170903161524j:plain

このベースになる16mmF2.8パンケーキレンズも結構好きなレンズです。

世間では評判よくないみたいですが、

軽くて安いし、何よりパンケーキレンズって通称がいい、

私この手のレンズ大好きです。

f:id:rabbits301:20170903161541j:plain

コンバーターの装着は、16mmレンズ前面にカチッとはめこむ形で装着します。

当然ぐらぐらなんてしません、がっつりくっつきます。

f:id:rabbits301:20170903161604j:plain

f:id:rabbits301:20170903161618j:plain

f:id:rabbits301:20170903161634j:plain

装着後、早速撮影に行ってきました。

場所は三木市の美嚢川沈下橋です。

f:id:rabbits301:20170903161655j:plain

f:id:rabbits301:20170903161728j:plain

つくつくぼうしが泣く夏の終わりの夕暮れの沈下橋、

空に月が浮かんでいます。

f:id:rabbits301:20170903161744j:plain

市街地のすぐそばとは思えないほど

長閑な風景が残っています。

 

超広角でその時の空気感も一緒に記録できました。

若干絞った方がいいようなので、

いつもはヘタクソ用プログラムモードでしか撮りませんが、

Aモードで撮影。

ぐいーんと視界がクリアに入って、このレンズおもしろい。

ええものが安く手に入る時代になりましたね。