レオの趣味生活

ラビット乗りのお父さんです、1日5分は趣味を!

三江線廃止決定?

三江線の廃止が決定したようですね。
今日のニュースではJR北海道もかなりの路線整理を行うようですし、
人口減少の影響が本格的に出てきているようです。

 

その三江線ですが、
2003年の7月に可部線廃止時に悪友ピコ森と乗りに行きました。
その時のレポートです。

 

この時は独身だったので、
好き勝手してまして、この日もピコ森と中国地方をうろうろしてました。
可部線が廃止になるので、それを訪問。
芸備線沿線を徘徊したあと、三次近郊の道の駅で車中泊します。

 

当時乗ってたハイラックスサーフ。

 



 

三次駅前にサーフを駐車し、
三江線の一番列車に乗ります。

 

早朝の三次駅。

 



 



 

三次駅は、貨物営業は当然終了、
客車列車も死亡し既に鉄道の使命終了感が大いに漂う中、
閑散とした駅構内の端っこホームに行って、
三江線のキハ120始発単行に乗ります。
キハ40などの大型車両ならそれほどでもないでしょうが、
早朝のキハ120には何とも言えない寂寥感が漂います。

 

三次を出たキハ120は、三次近郊はそこそこの市街を走りますが、
しばらくすると人口希薄地帯かと思う車窓が広がり、
江の川にそって北上します。
人家がほとんど見えません。
江の川のながれは素晴らしいけど、人が少なすぎる・・・

 

ひたすら江の川の川べりに沿って走り、
三次出発時はそこそこいた乗客も、車内がガラガラに。

 

口羽駅で列車交換します。
確か、一人か二人が列車に乗車。

 



 

口羽駅以北の高速化区間は変わらない景色にさすがに退屈し、
ピコ森はロングシートで就寝、私も寝てしまいました。

 



 

延々と走って、浜原に到着。

 



 

なぜかここで列車は終点なので、江津行に乗り換えます。
時間があったので浜原駅前をうろつきますが、
失礼ながら閑散とした街なみでした。
あれから13年、ググルマップで現在の様子を見ると、
さらに空き家が増えた感が否めません。

 

その後再度列車に乗り、江の川を何度かわたり、江津に到着。

 



 

山陰線で益田まで移動し、バス待ちの間市内を散策します。

 



 

益田駅のパタパタ式列車表示板。



益田駅舎

 



 

益田駅前のいかしたカフェの壁画。

 



 

駅前からJRバスに乗り、三段峡に移動しました。
三段峡で心霊現象オーブ(上の白いヤツ)に見舞われるピコ森。

 



 

いちびったらアカン場所でイチビッテばかりいるので、
霊体に憑りつかれたようです。

 

三段峡観光後は、可部線のキハ58に乗り広島に出て、
市内でお好み焼きを食って、結構混んでる夜の芸備線で三次に戻りました。

 

三次でサーフに乗り、岡山道のSAで車中泊し、なぜか四国へ。
四国でうどん食って帰りました。

 



 

なんだかよくわからんルートで旅してましたが、
いずれにしても三江線廃止は残念なことです。
廃止までにもう一回乗りに行くかな。