レオの趣味生活

ラビット乗りのお父さんです、1日5分は趣味を!

夏の家族旅行 2日目

家族旅行2日目です。

 

熊野クラブで朝風呂に入った後、朝食です。
和食の竹籠膳でした。

 



 



 



 

宿の朝食が一番楽しみです。
子どもの分まで食べて、絶対太ってます。

 

朝食後すぐにチェックアウトし、今度はひたすら北へ向かいます。
尾鷲で給油し、着いた先は、鈴鹿サーキット。
ちょうど8耐をやっていて、駐車場が混んでいましたし、
サーキット前の交差点2か所で事故もやってました。

 

少し離れた駐車場に車を止めて歩いて向かいます。
炎天下の坂道はなかなかの重労働です。

 

あらかじめネットでチケットを買っていたので、
すぐ入場できました。
TDLほどの混雑ではありません。
まずはプールに入りましたが、
あまりの暑さに写真は撮らずです。
子供らは元気に遊んでました。
プールサイドでカレーを食べて、
午後は園内の遊園地へ。

 



 

結構乗り物乗りましたが、
これも暑さで写真は撮らずです。

 

子供らは電動バイクに乗るアトラクションで大喜びです。
さすがに姉ちゃんは上手い。

 



 



 

5時まで遊び、園を後にします。
その後宿にダッシュで移動。
今日の宿泊地は湯の山温泉です。
田園地帯の中を移動し、
温泉街らしい街に入り坂を上ると宿に到着。
今日の宿泊は寿亭です。

 



 

古い歴史のある旅館らしく、
建物は古いながらもきれいに掃除され、
もてなしも丁寧で良い宿でした。
夕食も大変おいしかったです。

 

再び夫婦で酒をかっくらい、
離れの家族風呂に入りました。
かなり良い温泉のようで、
おっさんの肌までつるつるになりました。

 

ところで、温泉街に入って気になったのが
廃墟・廃屋の多さです。
その中でも特に目を引いたのがこれです。

 



 

最初、温泉街の道路の真正面にいきなり見えるので、
職業柄廃墟慣れしてるつもりの私でも一瞬「引き」ました。
しかしよく見るとこの建物、明らかに違う雰囲気があります。
霊感とかでなく、なんか随分洗練されてないか??
テラスの出やスチールサッシの割つけがえらく凝ってるしシャープです。

 

あまりにも気になったので、帰ってから調べてみると、
有名建築家、坂倉順三の設計でした。
新築当時には新建築にも載ったようです。

 

ネットで調べると、現役当時の写真も出てきます。
1964年ごろに建築されたようです。
ロビーは傾斜地ゆえの石垣を活かした内装で、
天井の仕上げも照明もめっちゃかっこいいです。
ちなみに有名心霊スポットになってるようで、
現在の写真も見れますが、
既にズタボロですね・・もったいないなあ。

 

続く