レオの趣味生活

ラビット乗りのお父さんです、1日5分は趣味を!

思い出の113系③

昭和57年の山陽本線の旅続きです。

 

加古川を出た電車は、各駅停車で東に向かいます。
加古川駅東のごちゃごちゃした踏切を渡り、加古川線と分かれました。
北側に引き上げ線を見ながらしばらく行くと、
今度は国鉄高砂線をくぐります。
高砂線線路下に青いマツダポーターが捨てられています。
既に珍しい車です。

 

高砂線をくぐると、田園の中です。
北側に加古川バイパスを見ながら、
警報器の無い踏切を渡り、
県道の陸橋をくぐると古い集落内を抜けます。
沿線の民家に丸型のアースのホーロー看板が
あります。

 

北にボルカノスパゲッチの工場があり、南にニチイのショッピングモールを見て
県道をくぐれば東加古川駅です。
南は繁華街ですが、駅北は田んぼと加古川バイパスです。

 

東加古川を出て、北のテニススクールを過ぎると
また田園地帯です。

 

しばらく進み国道2号線をくぐると、南に五重塔が見えます。

 

南方から別府鉄道の線路が近寄ってきたら土山です。
古い木造の駅舎が風格を出しています。
別府鉄道ホームへは国鉄と一体の
木造こ線橋で渡ります。
駅西の踏切よりすこし西から国鉄線の渡り線があり、
別府鉄道と繋がっています。

 

別府鉄道のホームには青い機関車にひかれた
グリーンの客車を、その後ろに黒貨車が繋がれています。

 



 

多木化学への貨物輸送です。
別府鉄道を眺めるのがいつも楽しみでした。

 

土山を出て、ため池そばを通り北にハニー化成の工場を見て
左にカーブすると魚住です。
待避線の無い駅です。

 

魚住発車後、南にハイアースや金鳥、マルキンなど
看板いっぱいの屋敷があります。

 

南に新幹線を見て田園地帯に抜けると、大久保駅です。
この駅も古い木造駅舎です。
駅の南は神戸製鋼の工場です。

 

大久保を出ると北に古い異人館のような屋敷がありますが、
屋根がはがれるなどしてずいぶん荒れています。
長いこと空家になってるようです。

 

地形が谷になり、川を渡り再度台地上に線路が戻ると、
北側に看板だらけの小屋があります。
SMC缶詰や日の出桜学生服の看板が張られています。

 

さらに西明石手前の北側の古い家屋にも
NECテレビなどの古い看板があります。

 

複々線への分岐を過ぎ、
新幹線の線路をくぐると西明石です。
この電車は快速なので電車線に入線します。
隣のホームでは103系が停車しています。
停車している間に一番北の列車線に
117系新快速が入線して抜いて行きました。

 

西明石から電車区のそばを通りぬけます。
区内には113系、117系、103系、
そして201系などが見えます。
103系はヘッドライトが1灯のタイプと、
横長豚鼻2灯のタイプがあり面白いです。
電車区東端には茶色い事業用電車が待機しています。

 

北側には貨物ホームと倉庫があり、
ワムハチが入線しています。

 

国道2号線をくぐると、築堤で明石の街を抜け、
オリバーソース工場、ガスタンクを過ぎて
南にマルニボーイスカウトなどの看板屋敷を見て、
明石川を渡り北にB&S紅茶などの看板屋敷が過ぎると明石駅です。
駅北に明石城公園が良く見えます。




駅南は地上に山陽電車明石駅があり、山陽そばののれんがかかっています。
そばを食べたくなります。
山電駅東の踏切は遮断機がワイヤーのタイプで、
神姫バスが電車待ちしています。

 

気が向いたら続く・・・