レオの趣味生活

ラビット乗りのお父さんです、1日5分は趣味を!

長男スキーデビュー

今年のクリスマス前の連休は、期待通りに寒波がやってきました。
兵庫県内のスキー場もかなりの積雪があったようです。
私は12月末のスキーが最も好きです。
雪質は降りたてだからいいし、
一般的にはまだシーズンでないのでスキー場の人は少ないです。
よってこの時期はいつもうずうずしています。

 

さらに、長男が3歳後半になったので(もうすぐ4歳)
長女と同じようにこの歳でスキーデビューさせます。
目的地は子供リフト券が無料のおおやスキー場です。

 

子供らも大きくなったので朝早くに出ることが可能になりました。
6時に起こして自宅を出発します。
播但道、中国道を経由し、山崎より国道29号を北上します。
波賀町あたりで周囲は雪景色でした。

 



 

途中、若杉峠にも路面の積雪は無く、チェーンなしでそのまま到着です。
案の定スキー場はガラガラで、一番下の駐車場に停められました。

 

早速事務所でチケットを購入します。
長男の板とブーツも借ります。
ネットで年間レンタルした方が安いですが、
長男の意向が不明なため、今回は1日レンタルにします。
お姉ちゃんのスキー姿を見ているので、
嫌がるどころか早くブーツを履かせろと急かされました。

 

まずは楽チンベルトに乗せます。
これがなかなかの重労働です。
板を履いた子供はとても重い!
また、滑走時に「足を三角に!」と言っても意味がわかってません。
しかし嫌がることなく滑っているので素質はありそうです。

 

数本滑ってから休憩します。
食堂内にはボールプールがあり、長男を一旦そこで遊ばせます。
気分転換させるのも重要です。

 

その後、再度楽チンベルトに乗せるのは気が重いので、
思い切ってリフトで頂上に連れて行きました。
リフトで怖がってエビゾリなどするかと心配でしたが、
全然喜んでいました。
リフトもOKです。

 



 



 

頂上からはさすがに放し飼いにできないので
コーチベルトを装着し私が後ろで引っ張ります。

 

ところがこれが怖いのなんのって、
長男は何もわからないので平気で急坂に挑もうとしますが、
後ろのブレーキングがつらいつらい。
しかもいきなり長男がこけるので、
そこへ突っ込まないようしないといけません。
メインゲレンデはかなりの急こう配なので、
初めてスキーの練習には不向きなことが判明しました。

 

2本目以降は林間コースの「おやこみち」を経由します。
幅員は狭いですが、緩勾配のためまだ楽でした。
緩いところならこけずに滑っています。
とにかく怖がってないのが救いです。

 

しかしはやりまだ体力が十分でなく、
眠いようでヘロヘロになってきました。
本人は「まだ滑る」と言い張りますが、
適当なところで切り上げました。

 

ちなみに長女は奥さんと滑っていましたが、
がんがん滑る長女に奥さんがついていけず、
「ママ恥ずかしいで」と言われる始末だったようです。

 



 

最後に私と長女で数本滑り終了。
長女はもうすぐパラレルです。
私より断然上達スピードが速いです。

 

めんどくさがり屋の我が家なので、
ウェアーなどは「どうせ干すから」と車内にムチャクチャに詰め込みます。

 



 

帰りは温泉に寄る予定でしたが、
子供らが車内で爆睡したため、寄り道せずに帰りました。

 

今日の結論は、長男は「スキー嫌いでない」ことがわかりました。
スポーツができると人生豊かになると思ってますし、
なにより子供をダシに私がスキーに行けるwww
特に兵庫県は自動車で2時間程度でスキー場に行けるので、
ぜひ楽しんで滑れるようになって欲しいと思います。