レオの趣味生活

ラビット乗りのお父さんです、1日5分は趣味を!

ちくさ高原リベンジ編

日曜日に家族でちくさ高原にスキーに出かけた。
先週は強風でリフトが運休だったので、そのリベンジだ。
今日は2歳の娘を抱っこして滑るつもりだ。
さて、私の体力がもつか?

 

朝10時過ぎに出発し、
途中のコンビニ「ポプラ」で腹ごしらえする。
無性にカレーが食べたくなり、
「飴色玉ねぎのブラックカリー」を購入。

 

レジのねえちゃんに「大盛りですか?」と聞かれたので
「普通で」と回答した。
車中で開けてみてびっくり。
尋常でないごはんのてんこ盛りだ。

 

茶碗4~5杯はあるんでないか?
「普通で」と言ったが、これで普通なのか?
ポプラの仕様だろうか??
味はとにかく「メシの味」だった。

 

気分が悪くなりながらもスキー場に向かう。
先週は積雪しなかったようだ。
結局スキー場まで道路に雪は無かった。

 

2月の日曜だし、さすがに混んでいるだろうと思ったが、
そこそこの混み具合だ。
リフト待ちは3分程度か。

 

子供の準備をし、家族3人でいざ出陣。
リフトを怖がって「リフト上でゴネてエビ反り」などの最悪の状況を心配したが、
本人は大丈夫なようで喜んでいる。

 

そして、娘を右腕で抱っこしてゲレンデデビューした。

 

リフトと同じく大変喜んでいたので安心した。
しかし、子供を抱いて滑るのは激ハードだ。
2リットルのペットボトル6本入りの箱を抱えて滑るのと同じである。
そんな状況で2本滑った。
本人は「まだちゅべりたい」などと言っていたが、
今日はこれで勘弁してやることにした。

 

その後、駐車場横で雪だるまを作ったりして遊び、
残った回数券分を私が滑って終了。
山頂まで上がったが、気温が高く、シャーベット状態だった。
日蔭はいきなりカチカチだったりして、
なかなか変化に富んだ雪質だった。

 

2時半にスキー場を出発。
ちくさのローソンでピザまんを購入するが、
これ結構うまい。



途中温泉に寄るつもりだったが、
娘が寝てしまったので直接帰る。
家に着いたのは5時前だった。
娘が4歳ぐらいになれば一緒に滑れるかな?と楽しみである。